家電リサイクルの方法を簡単に解説

いらない家電を処分しよう

業者に連絡してみよう

行政に連絡することで、家電を引き取ってくれます。
その場合は自分で、回収場所に持って行かなければいけません。
回収場所を調べて、間違えないで持って行ってください。
行政に依頼する際は、最初に手数料を支払います。
家電の大きさによって、手数料が異なります。
大きな家電は手数料が高くなりますが、それでも1000円前後になることが多いです。
業者に任せた時よりも安く済むので、行政を利用する人が多く見られます。

不用品回収業者に、家電の処理を任せることも可能です。
自宅までトラックで来てくれるので、自分で回収場所まで持って行く手間を省くことができます。
たくさんの家電をまとめて処分したい人は、こちらを選択すると良いでしょう。
業者は家電リサイクル法に該当する家電でも、関係なく引き取ってくれます。
家電リサイクル法に該当するものは、購入したお店に持って行けなければいけないので手間が掛かります。
業者に、まとめて引き取ってもらった方が良いでしょう。

リサイクルショップに持って行くという方法もあります。
使える家電なら、買い取ってくれます。
高額で売れることもあるので、捨てる前に査定に出した方が良いですね。
家電に関して、豊富な知識を持っているスタッフに査定を任せてください。
知識が少ないスタッフに任せても、間違った価値を付けられる可能性があります。
お得に不用品を処分できないので、スタッフの情報を知ってから、リサイクルショップを選択しましょう。

TOPへ戻る